リタイアに向けてダウンサイジング 住まいの見直し

僕のFIREの計画は、50歳で早期退職。その後は株式配当金でライフラインをまかなって、労働は食費を稼ぐ程度を目指しているので、固定費は徹底的に落としたい。ということで安い物件を探していました。

 

関連記事はこちらから

中年の一人暮らし ワンルームくらいがちょうど良い
都内のワンルームでの生活も1年がすぎ、ちょうど良い感じで生活ができていると実感しています。50歳のFIREに向けて、ミニマムな暮らしをはじめました。これからもまだまた努力したいところです。

新居決めました

現在住んでいるワンルーム(7.2帖-26.8㎡)の家賃は管理費込みで6.2万円ですが、新居はワンルーム(6帖-16㎡)で管理費込みで4.2万円。という部屋に決めました。

広さはじゅうぶんですが、駅まで徒歩で20分。コンビニを往復したら10分と、かなり不便な立地です。固定費が約2万円安くなったぶん、往復通勤時間は約1時間増えることになります。

 

差額の2万円は考え方しだい

たぶん僕が30代でバリバリのキャリアだったとしたら、ここまで犠牲にはできなかったと思います。それは、「労働(=会社)のために食事をして休息して。労働のために暮らしていたから」。

 

今となっては労働はあと数年だけのガマンなので、早く自分のための資産を作るという発想に変わっています。

 

初期費用は不動産屋へ約20万円。敷金礼金ゼロなのに、5カ月分(20万円)くらい掛かるのは、都内の通例っぽいです。(内訳:仲介手数料1、保証人1、クリーニング1.5、家賃前払い1、鍵交換+0.5)。

2021年8月には差額は回収できる計算なので、早めに資産を作るための決断ができたのは良かったかも。

 

これから記録がんばります

審査の結果は10月中に届く予定ですが、落ちることは無いと思います。それから一気に引っ越し準備に取り掛からないとです。11月13日引き渡しの予定。

 

住所変更はじめとする諸手続き、バイクの整備などいろいろと頭を使うことも増えそうです。やることができたので、ブログ記事(記録)も頑張っていこうと思います。

 

また引っ越します

引っ越し決めました
相変わらず深夜の隣人の騒音は止まないし、もう他者に期待するのは諦めて、さっさと引っ越しすることにしました。

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました