楽天経済圏 マイペースでも恩恵はじゅうぶん

楽天経済圏の魅力は、楽天グループのサービスを利用することで、貯まったポイントをそれらの支払いに回せるので、節約につながります。

楽天のサービスとお買い物ポイント

ライフライン系のサービスを切り替え

4月にスマートフォンを「楽天モバイル」に切り替えたのを皮切りに、楽天グループで利用できるサービスへ一気に切り替えました。

 

僕が利用しているのは、「楽天銀行」、「楽天証券」、「楽天カード」、「楽天モバイル」、「楽天ひかり」の5つです。でんきは、今の部屋の仕様だと逆に高くなるとのことで、断念しました。

 

「楽天モバイル」は1年間の基本料が無料。「楽天ひかり」は1年間の基本料が半額(当時のキャンペーン申込者対象)なので、それ自体が助かっています。

僕の現在のSPU

前述の各サービスを利用することで、ポイントの倍率があがっていくサービス「SPU(スーパーポイントアッププログクラム)は、現在6.5倍。

 

僕が1万円分を楽天市場で買いものをすると、100ポイント×6.5=650ポイントが付与されます。
楽天会員(1)、楽天カード(2)、楽天銀行(1)、楽天モバイル(1)、楽天ひかり(1) 、楽天市場アプリ(0.5)。

 

ですが・・・定期的に買うものがあまり無い。

一人暮らしなので、買い物もストック品も量は少なくすみます。定期的に買う酒・飲料類を買おうかとチェックしてみても、少量だと割高になるので、ドラッグストアの方が安く買えます

 

定期消耗品のせっけんや洗剤類は生協のものを使っているので、なかなか買う機会がありません。
もしかしたら、損している?僕がまだうまく使えていないのかもしれませんが・・。

かの有名な「スーパーセール」も「お買いものマラソン」も使ったことがありません。

 

マイペースでもじゅうぶん

積極的に買いものをしなくても、日々の買い物を楽天ペイで。ライフライン系の支払いを楽天カードに集約。というだけでも、じゅうぶんにポイントの恩恵を受けていると感じています

 

各種サービス会社、支払い先をガラッとえるのは結構な手間でしたが、大変なのは最初だけ
逆に、使っていなかった銀行口座を整理できたり、言われるままに契約していた変なオプションをカットできたりと、見直しをして本当に良かったです。ぜひ、おススメします。

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました